track feed

◆表の右端の欄にアイコンが表示されているものはダウンロードできます。

■日本言語学会公開シンポジウム「活用論の前線」発表スライド■
2011/11/27
大阪大学
分散形態論を用いた 動詞活用の研究に向けて 第143回日本言語学会


年月 タイトル 公開 ファイル
■論文・研究ノート■
2010/03 「方」名詞句と使役文における二重対格制約
The Double Accusative Constraint in Causatives and Kata Nominal Clauses
『日本語文法』10巻1号
2010/03 X+動詞連用形複合語の記述的整理:音韻論的特徴を中心に
A Descriptive Note on Deverbal Compound in Japanese: With Emphasis on Their Phonological Behavior
『筑波学院大学紀要』第5集
2009/03 分散形態論による動詞の活用と語形成の研究
A Distributed Morphology Study of Japanese Conjugation and Word Formation
筑波大学大学院人文社会科学研究科 学位(博士)請求論文
2008/12 分散形態論による活用への統語論的アプローチ―現代日本語における動詞連用形の形態統語論的分析―
A Distributed Morphology Approach to Conjugation: A Morphosyntactic Analysis of the Verbal Form Ren-yookei in Modern Japanese
『筑波応用言語学研究』 15
2007/12 二種類の範疇変化とその構造的定義:否定の接頭辞と右側主要部の規則
Syntactically Defining Two Types of Category Change: Negative Prefixes and the Righthand Head Rule
『言語学論叢』 26
2006/12 推量形式の統語論的分析―「だろう」と「まい」の非対称性―
A Syntactic Analysis of Conjecture in Japanese: Asymmetry between Daroo and Mai
『言語学論叢』 25
2005/12 テ形と共起するとりたて詞について
On Toritate Focalizers Co-occuring with te-form
『言語学論叢』 24
2005/12 動詞と形容詞の形態統語論的相違点について
Some Morphosyntactic Differences between Verbs and Adjectives in Japanese
『筑波応用言語学研究』 12
2004/01 現代日本語における動作主の意味論と統語論
Syntax and Semantics of Agent in Mordern Japanese
筑波大学大学院文芸・言語研究科 修士論文
2002/12 疑似自動詞の派生について―「イチゴが売っているという表現」―
Derivation of Pseudo-Intransitives: An Analysis of "Ichigo-ga utteiru" Expressions.
『筑波応用言語学研究』 9
2002/01 日本語における「に」の多義性―起点的意味役割を中心に―
Ambiguity of Japanese "ni" :Source-like Semantic Roles
筑波大学日本語・日本文化学類 卒業論文
■口頭発表■
2010/06/05
東京大学駒場キャンパス 15号館104号室
形態論超入門
Super-introduction of Morphology
Twitter自由言語大学 (TwiFULL) 関東第1回勉強会
2010/05/29
文京区勤労福祉会館1F第一・第二創作室
形容詞派生動詞から探る動詞化要素の分布
Distribution of Verbalizers in Japanese Deadjectival Verbs
第6回蛍池言語研究所公開研究発表会
2010/01/09
筑波大学
日本語のコピュラの統語論的分布
Syntactic Distribution of Japanese Copula
次世代の東アジア学生知的交流国際会議
2009/09/19
北京大学
否定命令の類型論から見た日本語
Typological View on Negative Imperatives in Japanese
第3回北京大学・清華大学・筑波大学三大学合同セミナー
2009/09/06
蛍池公民館
「だ」の形態統語論的分析
A Morphosyntactic Analysis of Da in Japanese
蛍池言語研究所公開研究発表会
2009/07/25
関西学院大学
日本語の等位構造における削除
Deletion in Coodination in Japanese
Generative Lyceum
2009/06/06
神戸松蔭女子大学
連体節における状態のタの統語的分析と否定辞の統語的位置
A Syntactic Analysis of Stative Ta in Adnominal Clause and the Syntactic Position of Neg
関西言語学会第34回大会
2009/05/09
学習院女子大学
連体節における状態のタの統語的分析―連体節の構造と否定辞の統語的位置
A Syntactic Analysis of Stative Ta in Adnominal Clause: The Structure of Adnominal Clause and the Syntactic Position of Neg
第104回関東日本語談話会
2009/02/06
筑波大学
間投用法の「ね」の認可条件について―統語論と音韻論の接点―
Licensing Sentence-Medial Particle Ne: A Case Study of Syntax-Phonology Interface
第2回北京大学・清華大学・筑波大学三大学合同セミナー
2008/10/19
甲南大学
統語構造と活用形の非一対一対応:連用形、不定形、終止形」
Non one-to-one relation between syntactic structure and inflectional forms: Ren'-yookei, infinitive form, and Syuushikei
第9回日本語文法学会
2008/09/14
筑波大学
形態統語理論における削除現象の取り扱いについて―日本語の右方節点繰上げ構文を中心に―
Deletion in Morphosyntactic Theory: Right Node Raising Construction in Japanese
第5回筑波応用言語学研究会
2008/08/30
大阪大学
Infinitives, Imperatives and Irrealis 大阪外大・筑波大合同研究会 2008
2007/07/16
大阪外国語大学
統語論と音韻論の接点―間投用法の「ね」の認可条件―
A Case Study of Syntax-Phonology Interface: Licensing Sentence-Medial Particle Ne
大阪外大・筑波大合同研究会 2007
2007/07/15
大阪外国語大学
「する」の統一的分析に向けて
Toward a Unified Account of S(uru)
大阪外大・筑波大合同研究会 2007
2006/09
筑波大学
範疇情報と統語論の関係について―擬態語の分析を中心に―
Correlations between Category Information and Syntactic Structure: Through an Analysis of Japanese Mimetics
第3回筑波応用言語学研究会
2007/07/20
筑波大学
「する」と動詞化
S(uru) as a Verbalizer
大阪外大・筑波大合同研究会 2006
2006/07/19
筑波大学
Introduction to Distributed Morphology 大阪外大・筑波大合同研究会 2006
2005/12/17
学習院女子大学
活用と語形成に対する統語論的分析―√の実在性とevent syntax―
A Syntactic Analysis of Conjugation and Word Formation: Ontology of Root and Event Syntax
第83回関東日本語談話会
2005/09
筑波大学
形式的形態統語理論から見る日本語―語形成、活用、モダリティ―
Some Japanese Phenomena from the Viewpoint of Formal Morphosyntactic Theory: Word Formation, Conjugation and Modality
第2回筑波応用言語学研究会
2005/06/12
国際基督教大学
現代日本語における動詞連用形の形態統語論的考察―拡散形態論の観点から―
A Morphosyntactic Analysis of the Verbal Form "Ren'-yookei": from the Viewpoint of Distributed Morphology
第130回日本言語学会
2004/03
東京大学
日本語の自他交替と接辞―-ar-の関わる自他交替―
Japanese Transitive Alternations and Suffixes: On a Peculiar Intrasitiviser Morpheme "-ar-"
Morphology and Lexicon Forum 2004
2003/09
一橋大学
アスペクト形式テイルと場所ニ句の共起について
On Co-occurence of Aspectual "Te-iru" and Locative "-ni" phrases
第70回関東日本語談話会
2002/11
学習院女子大学
疑似自動詞の派生について―「イチゴが売っている」という表現―
Derivation of Pseudo-Intransitives: An Analysis of "Ichigo-ga utteiru" expressions
第65回関東日本語談話会
■共同研究■
2009/01
San Francisco
Imada, Mizuho, Haruko Matsui, Edson Miyamoto, Inna P. Subacheva, and Takumi Tagawa
"Effects of Phonological Length in the Processing of Scrambling in Japanese"
Annual meeting of Linguistic Society of America
2006/06/18
東京大学
田川拓海(筑波大学大学院)・沼田善子(筑波大学)・森芳樹(筑波大学)
「とりたて要素の分布と意味の相関―対照・理論言語学的観点から―」
Correlation of Distribution of Toritate Focalizing Elements with its Meanings: From the Viewpoint of Contrastive and Theoretical Linguistics
第132回日本言語学会